So-net無料ブログ作成

ダイエットで食事制限なしは正しい!?朝食を抜くと太るメカニズムがついに・・・ [身体改善]

近年ダイエットの方法も底をついた感があるが
遂に、食事制限をしない方がよいという結果に
ある意味信憑性が出てきた。

それは、「朝食を抜くと体重が増える」という
まさに定説である。

このメカニズムを裏付けたのは、名古屋大学の
大学院、小田裕昭准教授の研究グループにより
論文が発表されたもので、アメリカ発行科学誌
プロス・ワン電子版に掲載された。

らっと.png


しかし、今までの経験から言えば食べなくても
普通に太るのにどうなの?

それに、私個人の話ですが、むかし共同生活を
行った時に一緒の生活をするため、当時朝食を
とらなかった私が、みんなと同じ食生活になり
急激に体重が増えたことがあり不安です。

どんな裏付けがなされたのか見ていきましょう。



◆研究では

 ラットでの実験で裏付けられた結果、朝食を
 抜くとで体内時計に狂いが生じるためという。

 ラットは起きている間、餌があれば断続的に
 食べ続ける習性があのる。

 小田准教授の研究グループによれは、56匹
 のラットを2つのグループに分け、一方には
 通常通り餌を与え、別の一方には起きてから
 4時間後から餌を与えた。


◆人間に例えると

 Aグループでは、朝起きて8時に朝食を取る
 スタイルにあたる。

 Bグループでは、朝食を抜いてランチ最初の
 食事を取る人にそれぞれ見立てた。


◆経緯

 いずれのラットにも14日間、高脂肪の餌を
 同じ量与え続けた。


◆実験の結果

 Aのグループのラットに比べて、Bグループ
 のラットは、通常より平均約7~8%体重が
 増加した。

 肝臓を遺伝子レベルで比べた結果では、Bは
 体内時計をつかさどる、時計遺伝子の働きに
 約4時間の遅れが生じて、体温の高い時間が
 短くなっていた。

 体内時計が狂い、活動時間が少なくなる事で
 エネルギー消費が減り、体重が増えたと考え
 られるという。


 小田准教授によれば「朝食欠食で太ることが
 ラットで見えた。人間にも応用できる研究だ」
 と話している。


◆まとめ

 結果、自らの体内時計を規則的なものに変化
 させ、朝食を取る事で起床後から体温の高い
 時間をより長くすることで、体内熱量による
 消費エネルギー増加が見込めたというもの。

 太らない身体をつくるためには、毎日一定の
 時間に朝食を取ることで身体の活動を始めさ
 せる事が必要なようだ。

 これにより、朝ごはんをちゃんと食べないと
 身体が起きないという定説を立証したのです。


 どちらにしても、痩せるのではなく太らない
 身体になるようです。

 わたしも心配ですが、食物繊維のシリアルと
 豆乳コンビからスタートしてみます。

 皆さんも簡単なことから始めましょう。








スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。