So-net無料ブログ作成

浦沢直樹さんが、あの不倫(週刊女性)報道を笑いながら・・相手はどんな気持ち? [芸能]

漫画家の浦沢直樹さんが大阪でトークイベントに
出演し自身の不倫報道について話し始めたとの事

浦沢.png

週刊誌での記事は、出版関係者の50代女性との
ラブホテルでの密会を報じられたもの

今回は記者の問いかけに
【お騒がせしました】と苦笑いしたようです。

そもそも浦沢直樹さんとは?

生年月日:1960年1月2日(56歳)
生誕:東京都府中市
学歴:府中市立府中第四中学校
   東京都立富士森高等学校
明星大学文学部経済学科卒業
職業:漫画家
著書:20世紀少年
   【スポンサードリンク】
   
YAWARA
【スポンサードリンク】

   パイナップルARMY
   【スポンサードリンク】
   
MONSTER
【スポンサードリンク】

   MASTERキートン
   【スポンサードリンク】
   

◆不倫報道内容

 最初は大手出版社社員とW不倫という衝撃!
 ゲスの極みとベッキーの不倫報道から何かと
 不倫の言葉に敏感になっている中での報道だ!

 相手の女性は敏腕女性記者として文藝春秋に
 勤務し、過去にはあの<週刊文春>の編集部
 にも在籍していたという。
 スクープは、週刊女性(10月25日号)で
 8月頃からラブホテルを利用していたもので
 警戒し時間差で出入りをしてたようだが、な
 にしろ頻繁に会っていたのでと・・掲載記事

 女性側にもご主人が同じ会社に勤務しており
 浦沢氏には子供もいるわけで、恰好の標的に
 週刊誌やネットではつるし上げも多かった。

◆沈静化していたはずなのに
 すでに忘れ去られていた?忘れかけられていた
 はずの話が、今回の〝ニヤツキ発言〟で世間の
 声は、また再燃するのではないでしょうか?

◆オリエンタルラジオの中田さんも言っています

 不倫問題であやふやにして煙に巻き沈静化を
待っている人や
 「妻が許してくれた」などと語る人は
「卑怯者」と!!
中田さんは、強く批判する
「不倫はどっちかでなく2人とも悪い」
ベッキーの時も、ベッキーが当初、ゲスの極み
乙女の川谷絵音との交際を否定していたことに
「準公人」という言葉を用い「その言葉を信じ
ていた。それを裏切ったことに対して説明責任
が生じるものだ」と厳しく語っていた。

一般的には2人の事とか、その家族の事などと
プライベートな問題といい、公にせずに他人が
口を出す問題ではないという人も多い。
がしかし、中田氏は「奥さんは許しているのでは
なく、許さざるを得ないのだろうと」

◆問題点は・・・

たしかにそうなのだろう、子供や現在の生活が
破綻し慰謝料や養育費も離婚後、受けられない
可能性もある。
こうして、シングルマザーに支援が必要として
国が税金を投入する。
こうなれば、都合の良いプライベートが社会を
蝕(むしば)む原因となるであろう。

一般の方々に問題定義としてわかってもらうため
には、多少残酷ではあるが有名な方々が行う行動
を引用して社会現象の問題点を明らかにしなけれ
ば、不倫などがなくなることはないでしょう。

◆今後も大変なのは奥様とお子様なのですね!



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。