So-net無料ブログ作成

リオ五輪女子マラソン選考が最終局面!内定は誰に? [スポーツ]

名古屋ウイメンズマラソンが終了し、ついに

選考レースはすべて終わった。

名古屋ウイメンズ.png

今年も女子マラソン選考について問題が浮上


日本陸連の選考基準タイム突破するも、福士

加代子選手に内定は出せない問題!


選考基準として

①世界選手権の8位以内入賞者で日本選手

 最上位1名を内定する

②さいたま国際マラソン(11月)

 大阪国際女子マラソン(1月)

 名古屋ウイメンズマラソン(3月)

 の国内選考レースで日本人3位以内の

 選手より下記の優先順位で選考する

③基準②を満たし2時間22分30秒を

 切ること

④基準②を満たしナショナルチーム所属

 を優先、他各選考大会での記録、順位、

 レース展開、タイム差、気象条件等を

 総合的に勘案し「本大会で活躍が期待

 できる競技者」

 ※勘案とは、あれこれと考え合わせる事


◆内定決定者

 氏名:伊藤  舞(大塚製薬)

    いとう まい

 生年月日:1984年5月23日

 出身地:奈良県奈良市

 世界陸上競技会選手権大会に出場、結果は

 順 位:7位(8位以内で入賞)

 タイム:2時間29分48秒

◆ほぼ内定者

 氏名:福士 加代子(ワコール)

    ふくし かよこ

 生年月日:1982年3月25日

 出身地:青森県板柳町

 大阪国際女子マラソンに出場、日本陸連の

 提示した選考記録を突破!

 順 位:優勝

 タイム:2時間22分17秒


▼最後のひと枠を争う選手たち

【スポンサードリンク】



◆さいたま国際女子マラソン

 開催日:2015年11月15日

 選考:リオデジャネイロオリンピック

 優勝:アツエデ・バイサ

    2時間25分44秒

 2位:吉田 香織

    2時間28分43秒

 3位:レベッカカンゴゴ・チェシャイアー

    2時間29分11秒

 4位:渋井 陽子

    2時間31分06秒

 5位:ウィンフリーダモチャチェ・ケバソ

    2時間32分08秒



◆大阪国際女子マラソン

 優勝:福士 加代子

    2時間22分17秒

 2位:堀江 美里

    2時間28分20秒

 3位:竹中 理沙

    2時間29分14秒

 4位:ディアナ・ロバチェブスケ

    2時間30分09秒

 5位:重友 理沙

    2時間30分40秒


◆名古屋ウイメンズマラソン

 優勝:ユニスジェプキルイキルア

    2時間22分40秒

 2位:田中 智美

    2時間23分19秒

 3位:小原  怜

    2時間23分20秒

 4位:清田 真央

    2時間24分32秒

 5位:岩田 玲亜

    2時間24分38秒

【スポンサードリンク】



◆選考選手

吉田香織.gif

◆吉田 香織(よしだ かおり)選手

 生年月日:1981年8月4日

 出身地:埼玉県坂戸市

 所属:チームランナーズパルス

 選考タイム:2時間28分43秒

 さいたま国際マラソンにて日本人1位(全体2位)


堀江美里.jpg

◆堀江 美里(ほりえ みさと)選手

 生年月日:1987年3月10日

 出身地:兵庫県

 所属:ノーリツ

 選考タイム:2時間28分20秒

 大阪国際女子マラソンにて日本人2位(全体2位)


田中智美.jpg

◆田中 智美(たなか ともみ)選手

 生年月日:1988年1月25日

 出身地:千葉県成田市

 所属:第一生命

 選考タイム:2時間23分19秒

 名古屋ウイメンズマラソンで日本人1位(全体2位)


小原怜.jpg

◆小原  怜(おはら れい)選手

 生年月日:1990年8月10日

 出身地:岡山県

 所属:天満屋

 選考タイム:2時間23分20秒

 名古屋ウイメンズマラソンで日本人2位(全体3位)


◆まとめ

 今回は、ほぼ順当に決定するでしょう。

 福士選手も記録上全く問題ないですし、最後の枠も

 田中選手が最有力!今回はナショナルチームのメン

 バーでもあるし、日本人1位で昨年の世界陸上落選

 まで残った実力を考えれば決定でしょう。


 日本陸連が、誰かをねじ込む隙は無いと思われます

 もしあるとすれば、それは・・・




世界で戦う、日本陸連の代表選考に涙を飲んだ報われぬクイーン達! [スポーツ]

昔から有名な話では、松野明美さん騒動という

のがあります。


1992年1月の大阪国際女子マラソンでバル

セロナオリンピック選考レースで日本最高記録

を上回る2時間27分02秒(初マラソン世界

最高)で日本人2位(全体2位)になった。

代表は確実と言われていたが・・・


◇代表内定

 山下佐知子選手

 世界陸上女子マラソンで日本人1位(全体2位)

 2時間29分57秒


 小鴨由水選手

 大阪国際女子マラソン優勝

 2時間26分26秒


◇内定選考中

 松野明美選手

 大阪国際女子マラソン2位

 2時間27分02秒


 有森裕子選手

 世界陸上女子マラソン4位

 2時間31分08秒
 

 上記の松野、有森の2名で1枠を争う事となり

 松野は異例の記者会見を開く!

 松野は記者会見でオリンピックで確実にメダル

 を獲れると明言した。


◆バルセロナ代表

  山下佐知子

  小鴨 由水

  有森 裕子

 の3名に決定した。


◇日本陸連の不明瞭な選考言い訳は

 松野明美選手は女子10,000mで選出される

 可能性もあるのでという理由で補欠からも除外!

 このことにより松野陣営(監督・コーチなど)は

 全く理解できない!!と抗議するが聞き入れられ

 ず、ずっと苦しんだ。


◆バルセロナで結果の末

 有森裕子選手がバルセロナで銀メダルを取った事

 で、日本陸連がいかにも正しいような風潮になっ

 たが、松野は私なら金メダルだったと気丈に話し

 た!


そして松野明美選手は、最強時代にモチベーション

が続かず引退したのです。


◆田中智美選手の場合

 2015年に悪夢をみた田中智美選手ですが

 2016年の名古屋ウイメンズで日本人1位

 の全体2位でゴールした。

 今年は確定で行けると思いますと本人も自信

 たっぷりに笑顔を見せた。


 田中選手は2014年11月に行われた横浜

 国際女子マラソンで優勝していながら、世界

 陸上中国・北京大会代表に漏れた!


この決定には、温厚な増田明美さんも声を荒

げ手をあげた。「決定にびっくりしました!!

なぜ同じ2時間26分台なのに優勝者を落し

て3位の重友選手を選んだのですか!?」と


◇日本陸連の返答では

我々は現場のプロだ!世界を目指す上で評価

している。

田中選手の優勝は評価するが、内容が問題と

説明を始めた。


①今回の横浜国際マラソンに出ていた選手は

 レベルが低かった。

②レース内容だが、最初のハイペースに田中

 はついていかなかった事が消極的とみなし

 たとの事

 マイペースでは戦えない!と烙印を押した

◇増田さん猛抗議だったが・・

 出ていた選手のレベルが低かったので優勝

 出来たのだという説明はいかがなものか?


◆世界選手権、中国・北京大会結果

 優勝はエチオピアのディババ

           2時間27分35秒


 伊藤  舞  7位 2時間29分12秒

 (リオデジャネイロオリンピック出場内定)


 前田 彩里 13位 2時間31分46秒

 重友 理沙 14位 2時間32分37秒

【スポンサードリンク】



◆那須川瑞穂選手の場合

 2009年6月23日、日本陸連が決定した

 世界陸上ベルリン大会の事である。
 

 2009年8月世界陸上への出場枠は【5名】
 
 当時、アルゼ(現:ユニバーサル)に所属して

 いた那須川選手は、2009年3月22日に行

 われた東京マラソン女子の部に出場、強風が吹

 き荒れ、選手達が最悪のコンディションという

 大会で2時間25分38秒という記録で優勝を

 した。

 この大会では、築地や豊洲、有明など東京湾の

 ウォーターフロントを駆け抜け、GOALの東

 京ビックサイトまでのコースで、海からの突風

 により、那須川選手のスレンダーな身体がセン

 ターラインまで煽られるなどコンディションは

 最悪なものだった。

 2位は佐伯由香里選手2時間28分55秒

◆第13回世界陸上競技選手権大会

 マラソン日本代表選手
 【女子】5選手

 ①尾崎 好美(おざき・よしみ)
  第一生命・東京 1981.7.1 生
  155cm・41kg 相洋高校(神奈川)

  2008年11月
  東京国際女子マラソン
  2位 2時間26分56秒

 ②赤羽 有紀子(あかば・ゆきこ)
  ホクレン・東京 1979.10.18 生
  158cm・43kg 真岡女子高校→城西大学

  2009年1月
  大阪国際女子マラソン
  2位 2時間25分40秒

 ③加納由理(かのう・ゆり)
  セカンドウィンドAC・兵庫 1978.10.27 生
  152cm・40kg 私立須磨女子高等学校

  2008年11月
  東京国際女子マラソン
  2位 2時間24分27秒

 以降は棄権などで振るわなかったが、上記の
 記録で選考したとのこと。

 ④藤永 佳子(ふじなが・よしこ)
  資生堂・東京 1981.8.15 生
  171cm・55kg 諫早高等学校→筑波大学

  2009年3月
  名古屋国際女子マラソン
  優勝 2時間28分13秒


 ⑤渋井 陽子(しぶい・ようこ)
  三井住友海上・栃木 1979.3.14 生
  165cm・47kg 那須拓陽高等学校

  2009年1月
  大阪国際女子マラソン
  優勝 2時間23分42秒

 ⑥補欠 森本 友(もりもと・とも)
  天満屋・岡山 1983.12.27 生
  164cm・53kg 就実高等学校

  2008年1月
  大阪国際女子マラソン
  2位 2時間25分34秒

 というマラソンでの出場枠5名と補欠
 1名での出場選手となった。


◆日本陸連の言い分では

 東京マラソンは、男性のみ選考レースで女子は
 関係ない。
 優勝でも選考に加味する必要なし


◆ベルリン結果

 女子マラソン

 尾崎 好美   2位 2時間25分25秒(SB)

 加納 由理   7位 2時間26分57秒(SB)


 藤永 佳子  14位 2時間29分53秒

 赤羽 有紀子 31位 2時間37分43秒

 渋井 陽子  棄権

 森本  友  棄権


まだ続きがあるのです、ベルリンで補欠にも選ばれな

かった那須川選手をさらに悲劇が襲う!!


【スポンサードリンク】





それは、2012年に行われた横浜国際女子マラソン

で那須川選手が日本人1位(全体2位)になった時に

起こったのです。


◆世界陸上モスクワ大会選考レース

 2012年横浜国際女子マラソンで那須川瑞穂は

 優勝のリディア(ケニア)に次ぐ2位でGOAL

 タイムは2時間26分42秒
 

◆突然のマラソン代表枠削減

 2013年4月25日に陸上競技者を落胆させる

 発表がなされた。

【世界陸上女子マラソン代表は5枠から3枠に削減】


◆まとめ

 どの選手も悔し涙を以降の力に出来れば良かった

 のだろうが、身体のピークは人それぞれなので選

 考基準を目に見える確実なものにしてほしいです

 ね!

 競争力は必要です、しかし不明瞭は不信感を抱く

 だけだと思います。

国民的嫌われ者misonoに罵倒された吉木りさを有吉が擁護! [芸能]

ネット上でかなり話題になっている吉木りさと

misonoだが、ロンブー淳に相談するmi

sonoに対し、有吉は自身のラジオで吉木を

擁護した。

【スポンサードリンク】



事の発端は、吉木りさがラジオで新年会に参加

した時に絡まれたエピソードを話したことから

始まった。

ラジオ番組「アッパレやってまーす!」の新年

会に、ロンブーの淳と奥さんと呼ばれていない

misonoが参加したことから始まる。

淳の奥さんは、misonoの参加を断ったが

強引に参加したようです。

その席で番組レギュラーの吉木が、新年会に参

加していた男性陣と吉木の好みのタイプでワイ

ワイ話していたところ、その様子を見聞きして

いたmisonoが近づきながら文句を言って

来たという。

「さっきから聞いてたら・・・」「ずっとな、向

こうで聞いとったけどな」「何なん、あんた?」

「ウチ嫌いやわぁ!」と絡んできたようです。

しかもお酒も飲んでおらず、シラフで言ってき

たので怖かったという。

【スポンサードリンク】




吉木は、その時のことを2月16日のラジオで

絡まれた件とmisonoに「嫌いやわ!」と

罵られたことを語った。

その一件に対しmisonoがLINEで淳に

「なんでウチ、悪者になんの?」と送った話か

ら2月23日の放送で、吉木は「怖かった!よ

くわかんないこと言われて」と自分の気持ちと

misonoに対して嫌いなところを聞かれて

「なんだろう、全部!?」と答え、さらに「人

の気持ちを考えずに言葉に出すところ」などと

発言していた。


この二人の一連のやりとりに対し、ネット上で

はその時のやりとりや会話などが、詳細に上が

ってきている。

またmisonoが良くも悪くも「mison

oの名前が毎回トレンド入りする事は良いこと」

「国民的な芸能人になれた」と綴り、話題に上

がった事を前向きに語ったため、さらに炎上し

ています。



ついには、彼が語った「国民的、嫌われ者は引

退しろ!」と・・・


タレントの有吉弘行が自身のラジオ番組でこの

やりとりを取り上げ「いや、お前がやってる事

当たり屋と何にもかわんねんだバカ!」と一蹴

し、最後に「国民的嫌われ者はな、とっとと引

退しろ!それが我々日本国民の心からの総意だ

このクソバカ野郎!」と締めくくった。