So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒアリの対策に大手殺虫剤メーカー三社を比較、アース・フマキラー・大日本除虫菊の対策は!? [ニュース]

環境省が7月5日に発表したヒアリの報道では

兵庫県尼崎市で5月26日に国内で初めて確認

された数百匹のヒアリの中に少なくとも2匹の

女王アリが含まれていたことを発表

これにより日本国内では、殺虫剤会社が注目を

集めている

ひあり.png

コンテナが流通する地域では、危険外来種アリ

発見可能性が少なくともある

それに対し、殺虫剤メーカーの商品を万が一の

対策に購入する動きが増している

今回は殺虫剤大手三社を調べてみた。


◆ヒアリ生態
 
 体長:2.5mm~6mm

 外観:赤茶色の小型のアリで、腹部は濃く黒っぽい赤色

 巣 :土でアリ塚を作る

 環境:草地など比較的開けた環境で生息

 分布:南米中部が原産で、現在はアメリカ、中国、台湾

    などの環太平洋沿岸諸国に定着している。


◆ヒアリに刺されると
 
 刺されると火傷のような激しい痛みを生じる。

 毒性が強く、毒針で刺されるとアレルギー反応のアナフ

 ラキシーショックにより死にいたる危険性がある。

【スポンサードリンク】





◆大手三社

 アース製薬:代表的な駆除商品【アリアース】

 フマキラー:代表的な駆除商品【アリフマキラー】

 大日本除虫菊:代表的な駆除商品【アリキンチョール】


◆アース製薬の発表
 
 国内の殺虫剤に、「ヒアリ」を対象害虫とした商品は

 ございませんが、ヒアリ自体は薬剤抵抗性が特別に強

 いわけではありませんので、通常のアリ用殺虫剤でも

 十分に効果が発揮されると考えられます。

 弊社商品では、エアゾールタイプの「アリアースW」、

 「アリアースジェット」や、液剤タイプの「アリの巣

 徹底消滅中」、「アリアース速効液」、「お庭の虫コ

 ロリ速効シャワー」などで直接駆除することはできます。

 また、毒餌剤である「アリの巣コロリ」、「スーパー

 アリの巣コロリ」、「ハイパーアリの巣コロリ」も効

 果を発揮します。

 しかしながら、ヒアリは一旦定着すると根絶することが

 困難となり早期発見、早期駆除により定着前の根絶を

 図ることが重要となります。

 また、非常に攻撃性が強く、刺された場合、体質によっ

 てはアナフィラキシー・ショックを起こす可能性がある

 など人体にとって危険な生物ですので、積極的に個人で

 駆除せず、管轄区域の環境省地方環境事務所にご連絡く

 ださい。【アース製薬】


【スポンサードリンク】




◆フマキラーの発表

 海外で実施した効果試験において、ヒアリへの効果が

 確認されました

 フマキラー株式会社は、特定外来生物「ヒアリ」への

 弊社アリ対策剤の効果試験を海外にて実施し、その効

 果が確認されました。

 今回の試験において、効果が確認されたアリ対策剤は

 下記商品となります。

 【アリ用エアゾール】「アリフマキラー」「アリカダン」

 【アリ用粉剤】「アリ・ムカデ粉剤」「アルゼンチンアリ

  殺虫&侵入防止粉剤」「アリカダン粉剤」

 【アリ用液剤】「巣のアリ退治 液剤」「アルゼンチンアリ

   巣ごと退治液剤」

 「カダン アリ全滅 シャワー液」

 【アリ用ベイト剤】「ウルトラ巣のアリフマキラー」「アリ

  カダン ウルトラ巣のアリ退治」

 「アルゼンチンアリ ウルトラ巣ごと退治」

 しかし、ヒアリは攻撃性が強く、腹部の毒針で刺されると、

 激しい痛みがあり、死に至ることもある危険な生物ですので、

 ヒアリを発見した場合には、地方環境事務所等に通報してく

 ださい【フマキラー】


【スポンサードリンク】




◆大日本除虫菊の発表

  国内に「ヒアリ」を対象害虫とした殺虫剤はありま

 せんが、上記の有効成分を含む、通常のアリ用殺虫

 剤であれば「ヒアリ」に対しても十分な効果がある

 と考えられます。

 弊社商品では、アリキンチョール(フェノトリン)、

 イヤな虫キンチョール(シフルトリン)、アリ用コ

 ンバット(フィプロニル)、ムカデアリコナーズパ

 ウダー(シフルトリン)となります。

 また、当社独自の有効成分である「シラフルオフェン」

 を使用した、アリがいなくなるシャワー液も「ヒアリ」

 に対して十分な効果があると考えられます。

 ただし、ヒアリは非常に攻撃性が高く、人にとって危

 険性の高い生物です。積極的に個人で駆除せず、管轄

 区域の環境省地方環境事務所にご連絡ください。

 【大日本除虫菊】

【スポンサードリンク】






◆まとめ

 どの会社も同様の様です

 見つけたら近づくな!

 という事のようですよ。気をつけましょう

 また、同様の外来生物アリも危険なので注意!

アカカミアリ.png



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました